仕事・仕事術 思考・哲学

【学びを広げる】飽き性で困っている方へ

はじめに

「飽き性」を気にされる方がいます。

自分は何をやっても途中で投げ出してしまって、あまり長く続かない。

習い事を始めても中途半端に終わってしまうし、勉強も長く机に座っていることができない。

過去にそういうことについて指摘されて、嫌な思いをされた方もいるかもしれませんね。

私もどちらかというと飽き性なタイプだと感じています。

ですが、それで困ったことはありません。

むしろ有効に活用しているくらいです

今回はそういう「飽き性」で気にされている方へ、その大転換の方法を考えてみたいと思います。

「飽き性」はネガティブイメージ

そもそも、飽き性という言葉自体があまり良い意味を持っていないのですね。

その本質的な意味合いはどちらかというと「いろいろなところに興味が湧く」という積極的なところで捉えるべきだと思います。

皆さんが「飽きた」と感じた後に、次に何をするでしょうか。

必ず、次の新しいことに興味が移っていますよね。

それはテレビでもスマホでもゲームでもそうですが、飽きた後には次の物事に関心が移っているものです。

これを、どうにかして利用できないものでしょうか。

飽きたらいつでも離れて良い

飽き性の方に、こういう方がいらっしゃいます。

「自分は飽き性だから、もうちょっと粘り強くやらなければ」

そうして机やパソコンに頑張ってかじりついて仕事をしたり勉強をしたりする。

しかし、なかなか自分の意に反して行動しているものですから、生産性はなかなか向上しません

そうすると、さらに飽き性のネガティブな側面が働いて「早くその場から離れたい」という気持ちになってしまいます。

悪循環が始まってしまうわけですね。

ですが、私は「粘り強く」やる必要はないと思っています。

そして、飽きたときにはいつでもその場から離れてよいとすら思っています。

勉強に飽きたら勉強はやめる。仕事に飽きたらちょっと休憩を入れる。これは決して間違っていることではありません。

まずは、自分の集中力を客観的に捉えて、切れてきたときにサッと別なところへ移動できる行動力を持っておきましょう。

離れた先にできることを作っておきましょう

飽きてしまえばその場から離れればいいのです。

そして、その先に新たな仕事を作っておけば、同時並行で物事が進められると思いませんか?

飽き性というのは、一つの物事に集中できないというネガティブな側面はあるかもしれませんが、突き詰めれば多くの物事を同時並行にこなすことができる可能性を秘めているのです。

飽きてしまった物事から別の物事へ移るとき、できればこの2つは性質がぜんぜん異なるものを設定しておくとよいでしょう。

似たものを設定してしまうと「なんだ、さっきの続きか」と気持ちが切り替わりません。

例えば、頭を使う仕事に飽きてしまったら、少し体を動かすタイプの仕事をこなしてみたり。勉強であったら、数学などの理系分野から古文・漢文、地歴公民などの文系分野にシフトしてみたり。

そして、どのみち離れた先の仕事や勉強も飽きるのですから、そうしたらまた別なところに飛ぶのです。

そうすることにより、無理に一か所に集中しようとしなくなりますから、集中力は限られた時間のなかで持続することでしょう。

別の場所で気持ちも新たに仕事や勉強を始めれば、またそこから集中力が持続する。

行動そのものに飽きることがないかぎり、この仕事法・勉強法はとても有効です。

最も結果として残ってくるのは「いろいろな物事を知ることができる」「行動力が高まる」ということです。

Aに飽きたらBに、Bに飽きたらCに行きますから、結果としていろいろな知識を得ることができますね。そして、短時間でいろいろなものを見ますから、周囲のつながりがより明瞭になってきます。

一つの物事に集中するという言葉は、聞こえは良いですが、決してそれだけでは補うことのできない側面を持っています。

飽き性という性格を活かして、短期間で集中して多くの領域に首を突っ込む習慣を作ってしまいましょう

そうすることで、いつの間にか多くの知識と行動力が身についてくることでしょう。

おわりに

物事には良い面と悪い面が必ず隣り合わせで存在しています。

飽き性なのであれば、その「離れる」という行動力を武器に、いろいろなことに挑戦しては飽きて、挑戦しては飽きてということを繰り返しましょう

色々な物事を経験するうちに、どこかで「おっ」と引っかかるところがでてくるはずです。

一つの物事に集中する場合よりも、よりたくさんの出会いが待っているわけですから、これをチャンスにしていきましょう。

やろうと思ったらすぐ行動できるのが「飽き性」の特長です。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-仕事・仕事術, 思考・哲学

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.