趣味・副業

【ブログを始めようか迷っている方へ】ブログの良いところは3つある

ブログは自分の考えを発信する最も簡便なツール

最近ではブログを始める方が増えてきました。私も含めて、何かを書きたいという気持ちがブログというツールに出会って、書籍とは異なる発信の仕方に魅力を感じられた人も多いでしょう。

書籍を出版することは、非常にハードルが高いことです。

自費出版などを除けば、それなりの世界で名前を上げていなければ、売れませんからね。

同人雑誌もありますが、それは同人雑誌を売ることのできるプラットフォームがきちんと存在しているから売れるのです。いわゆる小説や新書をはじめとした書籍は、様々な経路をへないと書店に並ぶことができません。

本を書いていない人の中でも、非常に優れたアイデアをお持ちの方もいらっしゃいます。TwitterやSNSで発した一言に影響力を持つ方もいます。

現代では、書籍に書かれたことが必ずしもすべて正しいわけではないという現象が浮き彫りになってきました。

ブログが発達してきたのも、書籍以外のツールで自分の意見を発信する流れが太くなってきたからだと感じています。

マスメディアの時代から、個人が意見を発信する時代になりました。

ブログを書いてみたいけど、なんだか変に恥ずかしい。

そんな風に考える方もいらっしゃるかもしれません。

私もそのたぐいの人間でした。しかし一度書いてみると、もともと書きたいことがたくさんありましたから、堰を切ったように書きたいことが湧いてきます。

1年365日、臨床業務に携わりながらもある程度継続して書くことができているのは、ブログに少なからず「魅力」が存在しているからだと思います。

今回は、私が実際に書いて感じることができたブログの魅力、利点を少し考えてみたいと思います。

(1) 蓄積性 ~日記のように積み重なっていく

ブログの基本は文章です。文章は書いて保存することで半永久的に閲覧が可能になります。

翌日になれば消えて、また新しく始めなければならないということはありません。

勉強における知識、資産運用における資産も、この蓄積性を有しているからこそ、継続のモチベーションになると考えられます。

継続するためには、成果が積みあがっていることを実感できないといけません。

力の入らない仕事のほとんどは、その蓄積性が乏しいからです。

やってもやっても、蓄積することなく新しいことをやらなければならない。

これは大変なストレスです。自分が成長しているのかわからないまま、ひたすらにノルマをこなさなければならない。

人間は不確実なものに暴露されれば暴露されるほど自分の心を見失ってしまいます。

一方で、ブログは文章を書けば書くほど、過去の文章としてずっと残っていきます。

たとえ、古い文章の文章力が不足していたとしても、味のある文章として残っているわけですから、ちょっとリライト(推敲)してしまえば、たちまち新しい文章に生まれ変わるわけです。

蓄積していくことで、質の向上が簡単に行えるようになるんですね。

自分の意見や書きたいことがブログに蓄積されていくことで、自分の頭の中にある思想の一部分が大きな文章となって現れます。そうすると、また新しいアイデアがそこから自然発生してくる可能性が高まります。

蓄積性は、アイデアの想像をも促してくれるのです。

ブログには、他者から見られるという可能性を孕んでいますから、一定の基準に向かって書かないといけません。その強制力が、さらにブログの蓄積性を高めてくれるのです。

もちろん、日記でも良いのですが、周囲に向かって発信するという内容で書くと、自分が本当に書きたいことを考えるようになりますから、アイデアを練りたい人、自分の考えをまとめたい人は、非常に有効な手段となるでしょう。

(2) 収益性 ~手軽な広告収入

ブログは、他のビジネスと比べると非常に敷居が低いです。

敷居が低い分、参入する障壁が低くなりますから、多くのユーザーがこぞって始めるという点が難しいところですが、「はじめる」ということが重要なのですから、敷居の低いブログを始めるのは収益を上げる第一段階としては良い行動でしょう。

ブログの収益の基本は広告です。広告の導入はGoogle Adsenseやアマゾン・アソシエイトのほか、A8.netもしもアフィリエイトなど、多彩なアフィリエイトサイトから選択することになります。

もちろん、広告がメインとなるわけではありませんから、あくまでも自分の記事を周囲に読んでもらって、商品の宣伝をサブで行うというスタンスとなります。

一般的な仕事とは異なり、給与という概念がありませんから、当初は不安定な時期が続きます。ですが、上記のような蓄積性や、これからお話しする志向性を理解して自分のペースで記事を書き続けていると、副次的に得られるようになります。

収益性は、あとからついてくると考えてもよさそうです。

そう考えると、ブログを始めようとしている人のなかで

・収益を目的に始める

・書くことを目的に始める

どちらが長期的な視点で有利かと考えると、後者になるでしょう。

収益が目的だと、大半ははじめの「無収益期間」で挫折してしまうことが多いです。

私も、収益について考えないことはありませんが、圧倒的に書くことが楽しいので、この点に注意して書き続けていると、いつの間にか継続することができます。

どうしても即座に収益を上げなければいけないという場合は、他の方法を考えるのも一手です。

ブログは、先述の蓄積性のように、ゆっくりと資産形成していくようなイメージで作っていくことになるでしょう。

(3) 志向性 ~やりたいことを実現する

これは私が書いていて非常に体感したことでもあります。

普段、私は日記を毎日書いて、その日その時の感情を包み隠さず記録するようにしているのですが、それとは異なり、ブログで記事を書いているときに、ふと感じたことがありました。

それは、

ブログの記事を書くとその記事の通りに行動したくなる

ということです。

よく、有言実行という言葉が使われますね(もともとは不言実行です)。

それと似たようなもので、自分が「やりたいな」「達成したいな」と思っていることを、記事にしてみると、その通りに行動したくなるのです。

例えば、資産運用の話では、

・~~年でセミリタイアを目指す

・~~年で資産1億円を突破

という記事を書くことで、情報収集をするようになりますし、場合によっては意地でも達成してやろうと躍起になりますから、たくさん勉強するようになる。

もちろん、勉強の話でも、

・~~の資格試験に絶対に合格する

・たった1か月の勉強でTOEICやTOEFLに受かる

などの目標設定をすることによって、あとには引けなくなりますよね。

ブログで公言すると、記事を読んでくれている読者の方々がいますから、その期待を裏切るわけにはいかない。そういう気持ちになれば、もう尻に火が付いたも同然で、絶対に目標を達成するように努力するようになります。

このように、ブログを書くということは、「公表する」ということでもあります。

昔はこのような公表の方法はありませんでしたが、現代では簡単に発信することができました。

その欠点も、「炎上」「不適切発言」などといった形で表れてきますが、長所を活かすことによって、「背水の陣」を敷くことができます。

背水の陣を敷くのはとても勇気がいりますが、「見切り発車」の考え方で行動すると、選択肢の幅が広がってきます。

まとめると

ブログが自分の夢を実現する一つのツールになるのならば、

・蓄積性

・収益性

・志向性

この3つが軸になってブロガーの方々を助けてくれているのではないでしょうか。

1記事1記事がリセットされるようなブログでは、流行することもないでしょう。

記事を書いてもまったく収益が見込めなければ、モチベーションも停滞するでしょう。

ブログが公表されなければただの日記となり、感情の羅列で終わってしまうかもしれません。

ブログの持つ特別な性質を活かすと、自己実現がスムースに行くと感じます。

私は、

勉強×投資×健康

の3つの柱を掲げながら日々頑張っているところですが、ブログはそのうちの勉強と投資に当てはまる行為だと感じています。

実際に、ブログを書き始めてからは、記事を書くためのアンテナをより広く張り巡らせるようになりましたし、日々のストレスとなるような人間関係や出来事を、「ブログの記事にしたらどうだろう」という視点で見ることにより、上手に解消することができるようになりました。

こういう記事を見て、ひとりでもふたりでも行動のきっかけになるのであれば、純粋にそれは嬉しいことです。

一石二鳥をもたらしてくれるブログ。書くことが好きな人は、まず趣味としてはじめてみましょう。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-趣味・副業

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.