投資・資産形成 生活・ライフハック

【節約思考の恩恵】支出を削減できるだけでない「凄い効果」

消費税増税の今、節約を再考するチャンス

皆さんは、節約の目的について考えられたことがありますか?

消費税増税を契機として、キャッシュレス決済や、軽減税率など、皆さんの関心は「支出」に対して色々と向くようになりましたね。

景気も一進一退を繰り返す中で、徐々に節約思考が根付いているのでしょう。

ここで、改めてにはなりますが、節約の本質的意義は、

 〇 不要なものを不要と判断して買わない

ことであり、

 × 欲しいものを我慢して買わない

というところにはないことをおさらいしておきたいところです。

ここで言う不要なものは、例えば100円で買えるようなものをコンビニでわざわざ140円で買うのはばかばかしい、ということです。

例えばFamilyMartはクレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済で2%のポイント還元を実施していますが、それをもってしても他に安いところはあります。

本当に必要な、日用品などは、必要性が明らかに分かっていますからどれだけ買えばよいのかわかりますよね。その他の「つい買ってしまう」ものや「ついやってしまう」無駄な行為をどれだけ減らせるかが節約のカギになってきます。

ここでは、節約をすることで支出を減らして資産形成に寄与するということも考えてはいますが、個人的な経験として節約を意識するようになってから感じた節約の「凄い効果」を、ちょっとご紹介してみようと思います。

 

節約するという行動が、生産性を上げる

一つ目は、節約しようと考え、行動することで無駄な時間を過ごさなくなったことですね。

基本的に自動販売機の前やコンビニの前を通っても、そこで時間を潰さなくなりましたし、欲しいものは欲しいものとして明確に意識できるようになったので、目標志向が強くなりました。

また、水道光熱費にも意識が向くようになり、無駄に使って時間をだらだら送ることもなくなりました。

こうして、日々のコストを抑えるだけでなく、メリハリのある生活をしようという発想に至ることができました。

 

節約のための勉強が、そもそも投資の勉強になる

私は、投資をし始めてから節約の様々な重要性に気づくことができました。

逆に、節約をしている方は投資も経験された方が良いかと思うようにもなりました。

節約と投資は、ほぼセットで考えてもいいくらいです。

節約をどのようにするか。そういう勉強はそもそも自分の支出をコントロールするための勉強です。

支出を減らすことができれば資産は増えますからね。

資産={(収入-支出)→貯蓄×運用利回り}×時間

節約をするのであれば、そこで生まれた金融資産と時間を、運用に充てることで、さらなる成長が見込めます。資産運用の基本的な考え方の一つに、節約による支出削減・支出最適化がありますから、節約をやっている方は既に資産形成の一歩を歩みだしているわけです。

例えば、節約をするために、キャッシュレス決済のことについて深く学ぼうとしますよね。

クレジットカードの構造やポイント還元についての話も学ぶことができますし、そこからさらに「税金」に関することも興味が湧いてくるでしょう。

※私は少しそこから飛躍してしまいましたが、給与収入から毎月クレジットカード決済の額が引かれていくことの繰り返しで、不労所得の必要性を感じました。

節約による支出最適化は、不労所得の一つと言っても過言ではありません。

 

節約の方法が、そのまま投資の方法となる

もう一つ、最近有名なつみたてNISA個人型確定拠出年金(iDeCo)ふるさと納税といった節税に関する方法ですが、これはそのまま投資になりますよね。

私も、つみたてNISAはVTIで、iDeCoは状況に応じてVTとVTIで、ふるさと納税は限度額いっぱいまで利用することによって節税を図っています。

つみたてNISAとiDeCoは金融資産の運用ができますから、投資について考えないわけにはいきません。場合によってはそれなりの運用益を上げることもできますからね。

ふるさと納税も、住民税・所得税などについて理解がなければ、ただの寄付損になってしまいますから、こちらも税制について勉強する良い機会になりますよね。

つまり、こういう節税手段をきちんと意識している方々は、自動的に投資の世界に足を踏み入れているといってもいいはずです。

そうであれば、運用する金融資産をよりよく大きくするために、さらに正しい節約を意識するようになり勉強するようになります。

 

すべては節約の意識から始まった

私は元来、節約は苦手な方でした。

皆さんもご経験があるかもしれませんが、収入と支出が同じ立場であるにも加かかわらず、収入を10万円増やす方が支出を10万円減らすよりも魅力的に映ってしまっていた時期がありました。

しかし、投資という手段に出会ってから節約の重要性を意識するようになり、まずはつみたてNISA、iDeCoを試し、実際にふるさと納税をやり……という流れを作り始めました。

そうすると、投資ファンドについても興味が湧いてきます。

さらに、投資方法や成績についても興味が湧き、ついに自分なりのポートフォリオを作ることの重要性に気づきました。

現在の私は国内外の高配当株投資を実践中ですが、この高配当株投資も節約の意識から始まったようなものです。

実際にやってみると、楽しいものです。

自動化をすることによって、日々ストレスなく支出が減り、インカムゲインは増えていきます。

【資産形成のコツ】とにかく「何も考えなくても」進むように自動化する

 

まずは手近な節約から始めてみましょう。

決して自分の欲しいものを極端に制限せず、自分と向き合う節約をしてみてください。

それがモノの大事さに気づくきっかけであったり、投資に対する興味関心のきっかけになっていただければ幸いです。

 

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-投資・資産形成, 生活・ライフハック

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.