生活・ライフハック

夫婦でお金の話をすべき理由【マネーリテラシー向上】

資産形成を夫婦でやることにより、達成スピードは倍になります。

私には幸いなことに資産形成について前向きで勉強熱心な妻がいるので、同じ方向を向いて頑張ることができています。

ただ、夫婦の間でお金の話ばかりして楽しいのか? ということにもなります。

ここでは、夫婦ですべきお金の話と、具体的な内容について、実際にやっていることも含めてご紹介します。

そもそも、なぜお金の話がタブーになっているのか?

日本人は、まだお金に関する話は苦手です。

投資をやっていると言えば胡散臭いし、資産家と言えば眉を顰められます。

それは単純に、日本人の感性に由来しているのかなと感じています。

働かずに贅沢をすること=お金持ちのすることという考えがあるからです。

加えて、資産があることは「努力」ではなく「才能」と捉えられているところが大きいので、お金の話は「できる人がすること」となっているのです。

ただ実際はむしろ一般市民が積極的にお金の話をするべきで、これから挙げるように夫婦でしっかりお金の話はするべきです。

資産を作ることはゴールではなく、プロセスです。

夫婦でより幸せになるための一つの手段として、資産を作ることは当たり前のことですよね。

これに気づいてから、私はどんどん妻にお金の話もするようになりましたし、投資も勧めるようになりました。

妻は要領が良く、正しいと思ったことはやるし正しくないと思ったことはやらない性格なので、はじめれば早かったです。

それも含めて、資産形成を加速させるために考えがある程度同じ方向を向いているパートナーを見つけることはとても大切なことです。

【関連記事】

【忙しい人向け】パワーカップルのシンプル資産形成術

【パワーカップルで目指す】富裕層到達10年計画

【パワーカップル】資産運用の考え方が共通しているパートナーがいることの強み

では、実際に私たち夫婦が積極的に話すようにしているお金の話の中身をご紹介します。

言われると当たり前のことですが、愚直に実践することで生活も資産形成もスムースに行きます。

具体的には、

生活するのに必要なお金の出所を明確にしておく

個人の趣味は個人の趣味

お互いの能力を考えて、役割を明確にする

です。

夫婦ですべきお金の話

(1) 生活するのに必要なお金の出所を明確にしておく

夫婦は、恋人と違って経済的にも共同体を形成しています。

そうであるからには、家計の管理をきちんとすることが経済共同体が上手く回ることの第一歩です。

私と妻は、基本的に生活に必要なお金を共同口座を作って出すようにしています。

水道光熱費

家賃

食費

日用品(洗剤、トイレットペーパー、電球、食器など基本的生活のインフラ)

これらは基本的にすべて共同口座から出しています。

共同口座へは、私と妻の収入を応分して、約8:2~7:3となるように調整しています。

私の方が所得が多いということと、妻が比較的時間に融通が利き家事をこなすことができるという点を考慮すると、私が多く出していくというのは当然の結論になります。

そして共同口座から支出したなかで余りが発生した場合は、

二人の旅行費

新しい家電

など二人の生活を維持し、QOLを上げるために必要なもの・ことの購入に充てるようにしています。

こうすると共同口座の中でも「支出最適化」の考え方が働くようになり、効率的な財産管理ができるようになります。

(2) 個人の趣味は個人の趣味

共同口座を作ったからといって、そこから二人の生活において必要なものにすべてを支出するわけではありません。

私と妻は投資方針がまったく同じではないですし、運用の方法も異なります。

さらに、趣味も男女で異なり、使う額も異なってきます。

こういうものは、初めから互いの個人口座から出すということにしています。

当たり前と言えば当たり前の話ですが、「お小遣い制」にしないということが個人的には重要かなと思います。

夫婦で独立した財布を持っておくことに関しては賛否両論あるかもしれませんが、しっかりと話し合いが持てるのであれば、独立した財布を持つに越したことはありません。

個人の生活と、夫婦共同の生活を分けて考えること。これが長続きの秘訣でもあります。

(3) お互いの能力を考えて、役割を明確にする

夫婦は必ずしもすべて平等であるとは限りません。

実際に、私の方が労働時間と単価が若干高いですし、妻は家にいる時間が長くなっていきます。

ただ、これを「不平等」と捉えてしまうのはよくありません。

むしろ、適切な役割分担が成されているというところで、非常に良いことだと思います。

私は額の小さい時期の資産形成で最も重要なことは労働であると考えています。

したがって、1日24時間はほとんど労働と賃金の交換に費やしています。

妻は、働くことに対しては意欲を持っていますが、フルタイムで働くとなると女性としての生活が難しくなってしまう可能性があります。

男女で生活様式や労働スタイルが異なるということを念頭に置きつつ、

共同口座に振り込むお金は労働時間の多い夫を多くする

労働の基盤となる体力を作るために妻が生活全般を支える

このようにして役割分担をしています。

こうすることにより、「働いているのだから家事をして当然」という概念はなくなります。

夫婦でお金の話をきちんとすることにより、労働や生活に対する二人の役割を明確にすることができます。

結論:お金の話ができた夫婦は資産形成スピードが速くなる

お金の話をするということよりも「二人で同じ目標に向かって進んでいる」という感覚が大事です。

夫婦がばらばらな方向を向いて生活していれば、夫は夫のしたいことでお金を使い、妻は妻のしたいことでお金を使うことになってしまいます。

そうすると、家計管理もいい加減になり、ますます共同体としての生活が難しくなってしまうでしょう。

もっと言うと、夫婦のマネーリテラシーをできるだけ高めておくこと。これが重要になります。

これからも、株式投資をはじめとした資産運用を実践しながら、夫婦で楽しみつつマネーリテラシーを高めていこうと思います。

何かのご参考になりましたら幸いです。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-生活・ライフハック

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.