仕事・仕事術 生活・ライフハック

【思考拡張術】デュアルモニターで効率を倍加する

パソコンで作業するなら環境調整は必須

現在の職業で、パソコンを使用しないところの方が少ないというくらい、パソコンはよく使用されています。

私の働く病院でも当然電子カルテが導入され、医師も看護師もパソコンの画面に向かって詳細な情報を打ち込んでいる場面が日常化しています。

そんなパソコンにも様々な種類がありますが、パソコンで効率を上げることができる方法として、以下の記事で「ディスプレイを大きくする」「入力する文字を小さくする」ということをご紹介したことがあります。

思考は、一枚の紙が大きければ大きいほど、一枚の紙に書かれる文字量が多いほど、拡張することを実感しています。

そんな思考拡張術を見つけて実践するうちに、だいぶ生産性や作業効率が上昇したような気がします。

ノートパソコンは大きすぎると携帯性が下がりますから、適切な大きさを選択する必要がありますが、私は大きくて15インチ、ふつうに持ち運んでも13インチくらいのノートパソコンがお勧めかなと思います。

実際にMacBook Airなど人気の製品でも13インチでのラインナップが豊富ですね。一番携帯しやすい大きさでもあり、最近では1kgを切るようなレベルの軽量化もなされており、携帯性を考えると13インチがベストかなと思います。環境を調整すればデスクトップパソコンに相当するような生産性を得ることもできますからお勧めです。

ただ、これに加えて私は自宅でもう一つ試している生産性向上法があります。

デュアルモニターでさらに思考を拡張する

それが、ディスプレイを2つ繋げて作る「デュアルモニター」です。

ゲームをよくする方であれば、デュアルモニターでの環境を構築されている方も多いかと思います。

あるいは、デイトレーダーなど瞬時に情報を判断しなければならない職業の方がストレスなく取引をするために導入しているのを見ることもありますね。

ですが、ゲームやトレードでなくとも、通常の作業についてもデュアルモニターを使うことによって、さらに作業効率が上昇したことを実感しています。

デュアルモニターを構築するのは非常に簡単で、メインになるディスプレイにサブディスプレイをHDMIケーブルなどで連結してしまえばよいです。私はそのような方法を採っています。

そうすることにより、作業面積は2倍になり、今までタスクバーに隠していたアプリなどをすべてアクティブに動かすこともできますし、インターネットを開き情報をチェックしながら、もう片方のディスプレイで文章を書いたりすることもできるでしょう。

最近では動画で様々な学習コンテンツが配布されるようになりましたが、このような講義や勉強動画を見るときにも、一つのディスプレイで展開しながら、もう片方のディスプレイで気づいたことを纏めたりすることができます。

小さいことのように思えますが、

・情報量が純粋に2倍になる

・アプリを開いたり閉じたりする手間が省ける

・一画面に比べてストレスがかからない

このような利点があり、毎日積み重なると大きく生産性が変わってくるでしょう。

デュアルモニターは安価で導入ができる

純粋なサブモニターを導入するのにはそれほどお金もかかりません。

中古のモニターでも十分使えますし、安価で手に入りますから、生産性を拡張するための試みとしては比較的導入しやすいのではないかなと思います。

私も、もともとデスクトップパソコンを使っており随分と長く使って消耗してきたところで、新しい一体型パソコンを購入し、昔のディスプレイだけを接続してデュアルモニターで使用していますが、机回りもディスプレイ×2とHDMIケーブルだけになりますから非常にすっきりとします。

それに加えて生産性も向上しますから、お勧めの方法です。

好みに合わせて、左右にディスプレイを配置したり、上下にディスプレイを配置したりすることもできます。

左右にディスプレイを配置する場合は勉強や文書作成などの作業を行うときがベストと思います。

反対に、上下にディスプレイを配置すれば、上のディスプレイで動画を見ながら気が向いたときに下のディスプレイで作業をすることもできます。

デュアルモニターを使用することによる生産性向上は客観的にも証明されている

大手パソコンメーカーのDellでは「デュアルモニタを使って生産性とユーザーの満足度を高める」というタイトルで比較試験のようなものを行っています。

実際に、シングルモニタに比較してマルチモニタの場合では

・作業時間が減少する

・情報の見つけやすさが向上する

・使用する際の快適さが向上する

など様々な利点が証明されています

シングルモニタでは17インチに使用した場合が「使用しづらさ」を感じるようです。

実際に使用してみて

医師の業務として論文執筆だったり学会発表のためのスライド準備だったり、意外なことに文書作業が多かったりします。

それに加えて、毎日なにがしか知らないことがあって、勉強したりするのにパソコンをよく使いますから、素早く調べて素早くデータベース化するというのは最低限の要求になります。

私は勉強のためにEvernoteを使っていますが、これもデュアルモニターにすることによって論文を検索して読みながらEvernoteにまとめたりすることができます。

ブログを執筆するときも、デュアルモニターだと情報を検索したり、ときには動画を参考にしながら書くことができますから、執筆の効率も格段に跳ね上がっているのを感じます。

実際、私はメインパソコンとして27インチの一体型PC+27インチのモニターで使用しています(スペースは取りますが、一体型のおかげで環境はすっきりしています)。

思考の幅を広げるために画面を大きくし、さらにデュアルモニターで思考のスペースをさらに拡張することができました。

読み込みの時間や、参照するためにかかる時間がかかればかかるほど生産性が低下することを感じます。

それに対して、デュアルモニターを使うことによって、タイムラグを極力まで減らすことができます。

作業効率が上がることももちろんですが、2画面でできることは格段に広がります。

是非、皆さんもデュアルモニターで思考の幅を2倍に拡張してみてください。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-仕事・仕事術, 生活・ライフハック

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.