仕事・仕事術

キャリアを育てる言葉 "FLY RETURN"

皆さんはキャリアについてどういう風に考えているでしょうか。

もともと「実際の経験」という意味で使われますが、どことなくエリートが積み上げていくもの? と思ってしまいますよね。

ですが、キャリアは形こそ違いますが全員が全員持っているものです。

どんな仕事であれ、自分の人生にはキャリアがあり、育てていく必要があります。

ですが、どういう風に積み上げていったらいいのかわからないことも少なくありませんよね。

今回の記事では、医学界では有名な福井大学医学部付属病院 救急科の林寛之先生の著した『Dr.林の当直裏御法度』という本から非常に興味深い発想を知ることができましたのでご紹介します。

医師の視点で書かれたものではありますが、一般的にも通用する内容であり、私はいつも自分の視野が狭くなってきていると感じたときに読むようにしています。

 

 

成長のヒントが詰められている言葉「FLY RETURN」

以下にご紹介する言葉は、ブリティッシュコロンビア大学の小児救急で有名なRan Goldman教授が教えている言葉のようです。

いいキャリアを積んでいくためには、以下のことを注意する必要があると言っています。

 

Focus

Family

Limit social media

say Yes

Read

Explore

Travel

Use technology

Right time, right place

New place, new people

 

これらの頭文字や一部を取って「FLY RETURN」と言っているのですが、一つ一つをていねいに行動することで、大きな力となってキャリアを育ててくれる重要な内容です。

一つずつ見ていきましょう。

 

Focus ~一つのことに集中する

Focusはその名のとおり、一つの仕事にフォーカスをあてて取り組むということ。

マルチタスクは効率を下げてしまうということは以下の記事でもご紹介したことがあります。

 

【仕事効率を下げない方法】頭の中にあるタスクをなくす

 

一つのことに集中して課題を終わらせて、次に行くことで、着実に経験を積み上げてステップアップすることができます。

まずは一日のなかですべきことをリストアップすると同時に、「しないことはしない」ときっぱり決めてしまうことが重要ですね。

 

Family ~家族を大事にする

キャリアを形成するという意味からすると面白い切り口です。

仕事は資産形成においても重要で、キャリアアップのためにもほとんどの人がやっていることでしょう。

平日、下手をしたら毎日している。副業をされている方も同じで、これも仕事のうちです。

そういう仕事によって得られた収入やキャリアは、家族や友人など、自分の大切にしている人々に還元することを考えるのも重要です。

毎日仕事をして忙しい、というのも大事なのですが、「仕事をしている自分の顔」だけが自分の人生の顔ではないですよね。

例えば、パートナーとしての顔や、親としての顔、子としての顔、いくつもあると思います。

そういう顔をちゃんと人生のなかでバランスよく作れるようにしましょう、というメッセージだと思います。

 

Limit social media ~SNSは使い方次第

私もつい最近Twitterをはじめて情報発信や情報収集をはじめてわかったことがあります。

SNSは使い方次第で非常に有用なツールにもなれば時間泥棒にもなります。

結局は目的を持って使用するかどうかというところになってしまいます。

時間を決めて使うということに関してはあまり有効性を感じません。

必要に応じて必要なだけ使うのが正しいやり方です。

ただ、その必要度を自分でどれだけ設定できるかというところが難しい。

 

「この界隈で有名な~~とつながりたい」

「~~という情報を入手したい」

 

など、目的があればとても有用です。

反対に、なんとなく眺めてうらやましがったり、面白い発言や素敵な写真ばかりを追いかけて時間を潰してしまうのは生産的とは言えませんね。

これからの時代はSNSを使いこなせるようになるのはある意味で必須の教養と言えるかもしれません。

ただ投稿するだけではなく、そこに潜んでいる重要な情報やヒントを探し出す能力が求められるでしょう。

 

say Yes ~可能性を広げてみる

何でもイエスマンになれということではありません。

自分の能力でできる範囲を見極めて、積極的に範囲を広げていきましょうということです。

自分で新しいことを始めようとしても独力だとなかなか進まないこともあります。

もしも仕事をしているときに、上司や色々な人たちから話を持ち掛けられたとき、面倒だからと断ってしまわずに、「自分が成長できるか否か」というところを考えて引き受ける力が必要でしょう。

これはチャンスをどれだけ逃さずキャッチすることができるかという能力を試されます。

 

Read ~新しいことを知る

毎日読書をして悪いことはどこにもありません。

何でも構いません。本を読むという行為そのものが「他者の思考を頭の中に入れる」ことになります。

このことに否定的な立場を取る人もいますが、個人的には多くの考えを自分の頭の中に共存させて、化学反応が起こるのが「アイデア」だと思っています。

 

【読書の効果】読書は思考を分厚くする

 

人生は一度きりしかありません。知らないことはこの世界にはたくさんあります。

知らないことで、キャリアを積むことも妨げられます。

これからの時代を稼ぐためには、知らないことをなくす努力も必要です。

そのための方法として読書は古今東西変わらない大事な行動になってきます。

 

Explore ~未知のことに挑戦する

一つの仕事で一生を安泰に過ごせる時代は終わりました。

最近では数年で転職し、「下積み時代がない」と言われる20代・30代も多くなってきましたが、これからの時代はこのパターンも増えてくるでしょう。

下積みをして得になる理由がないと判断されたから、労働市場がそれに合わせて動いただけです。

自分のスキルを開拓するために、あるいは成長のために未知のことに挑戦していきましょう。

それは大それたことでなくても構わないと思います。副業を一つはじめてみるのでもいいですし、ワーキングホリデーをしてみるのもいいでしょう。

成功している人たちは、みな「通り一遍」の仕事から離れて未知のことに挑戦した結果、他の追随を許さない地位を獲得しています。

毎日、小さなことでもいいから知らないことを勉強し、ちょっとでも「できそう」と思ったらやってみると良いと思います。

私にとってはブログもTwitterも未知のこと(というか一生やらないであろうと考えていました)でしたが、やり始めるとメリットしか感じていません(笑)

 

Travel ~旅行をして視野を広げる

同じ場所にいることで、視野が狭まってしまうのはよくあることです。

特に職場が変わらなければ、同じ環境で、同じ人とずっと話していますよね。

これで視野が広がるわけがありません。

SNSで情報は入ってきますが、それでも実際に自分自身を別な環境に置いてみるのが良いでしょう。

現在は旅行に行く余裕がなくても、いずれ経済的自由を獲得し、自分の気の向くままに旅をして、見分を広めることができれば一番いいですね。

 

Use technology ~情報を獲得する手段を持つ

これはSNSの使い方にも共通するところがありますが、膨大なデータがインターネットから得られるようになった現代では、ブログやSNSから情報収集することは欠かせない行動になってきています。

テレビや新聞も、まだまだ使われてはいますが、情報の鮮度としてはワンランク落ちてしまいます。

ブログやSNSでは情報の信頼性という問題が生じてきますが、利用者が増加してある種の小さな世界が誕生すると、信頼のおける記事や情報というのはある程度上位に表示されてくる可能性もあります。

最終的には自分で吟味するリテラシーが必要になりますが、情報量がモノを言う時代では、読書だけで終わらせてしまうのはもったいないと言えるでしょう。

基本的にはスマホとノートパソコンさえあればどこでも情報収集できますからね。

シンプルライフを送るためにも必要なものですが、情報を獲得する手段は洗練して少なく持っておくのが吉です。一日のなかでできる作業は限られていますからね。

 

シンプルライフを送るためにこだわるべきポイント【節約にもなる】

 

 

 

Right time, right place ~適材適所。自分の強みを活かす

転職をするのも、結局はこの考え方に基づいてきます。

自分の強さが活かせないのであれば、その場所にいる意味はありません。

毎日ストレスを抱えながら、自分の能力を発揮できないまま仕事をするのであれば長時間休んで自分の好きなことをしながら稼ぐ選択をした方が良い。

必ず全員に「適材適所」は存在します。

そのために休んだり、場所を変えたりするのはただの怠惰とはまったく違う性質を持っているので、積極的に行動したほうが良いでしょう。

自分が勝てる土俵に立つことが大事です。

そして、その場所をなるべく早くに見つけたいところです。

 

自分の個性が認められない環境に居てはなりません

 

 

 

New place, new people ~新しい場所と人に出会おう

これも、同じ職場にずっといることでは達成できないものです。

SNSを通じて、あるいは旅行や副業などを通して、自分にはないものを持っているたくさんの人と知り合うことができれば視野が広がります。

私も非常勤バイトを始めてからここまで視野が広がるとは思ってませんでした。

医師の中にも勤務医以外の選択肢を取っている人たちはマイノリティではありますがいらっしゃいます。

そういう方たちの見る世界はまた異なる色があり、ただ労働で一生を終えようとしていた私に一筋の光明を与えてくれました。

視野を広げるために、新しい場所を開拓して、新しい人と出会うこと。

通信の発達した現代において、使い方さえ間違えなければインターネットはこれ以上ない強力なツールになってくれます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

私もこの記事を書いてみてどんどん新しい知識を積み重ね、未知のことに挑戦し、自分とは異なる視野を持っている人に会いたくなりました。

勉強と投資を積み重ね、自分だけのキャリアを作っていくと同時に、この「FLY RETURN」を忘れないように行動していきたいです。

何かのご参考になりましたら幸いです。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-仕事・仕事術

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.