投資・資産形成

エポスカード プラチナカードのインビテーションは受けるべきか?

私は日々の支払いにエポスカードをメインクレジットとして利用しています。

キャッシュレス決済が盛り上がっていますが、確実に

 

現金決済<クレジット決済

 

であることを痛感しています。もちろん今ではQRコード決済もすることができますが様々なところで使用できるクレジットカードは今なおキャッシュレス決済のなかでも主力でしょう。

日本全体で見た場合にはまだ現金決済をする人が圧倒的に多いですが……。

増税前に書いた記事ですが、エポスカードの還元率は上手に使えば最大1.5%(Kyashリアルカードと併せて2.5%)とかなり得です。

【増税前にチェック】キャッシュレス決済の恩恵とシンプル支出最適化戦略

 

こうなると、クレジットカードを使う機会が増えるかと思います。

今回はエポスカードの最上級カードに相当するプラチナカードについてです。

エポスゴールドカードを使用していると、年間50万円以上の利用があればプラチナカードのインビテーションが届きます。

そのときに、そのままプラチナカードに変更してもよいのでしょうか?

 

結論:プラチナカードのインビテーションは受けなくてもOK

私が実際に主力のカードとして使うようになって体感したことです。

エポスカードのメインのカードラインナップは以下のようになります。

 

エポスカードVisa

エポスゴールドカード

エポスプラチナカード

 

一つ一つ見ていきましょう。

エポスカードVisa

入会金:無料

年会費:永年無料

還元率:基本0.5%

備考:ポイントアップ店舗多数

 

エポスゴールドカード

年会費:インビテーションで無料&年間50万円以上利用で翌年以降永年無料

還元率:0.5%+100万円以上で10,000ポイント付与(約1.0%)=約1.5%

備考:上記以外は年会費が5,000円かかる

 

エポスプラチナカード

年会費:インビテーション&年間100万円以上利用で翌年以降20,000円

還元率:使用額に応じて最大100,000ポイント

備考:上記以外は年会費が30,000円となる

 

ここでプラチナカードへ変更した場合について考えてみましょう。

 

使用額 付与ポイント 還元率
100万円 20,000 2%
200万円 30,000 1.5%
300万円 40,000 1.33%
500万円 50,000 1.0%
700万円 60,000 0.85%
900万円 70,000 0.78%
1,100万円 80,000 0.73%
1,300万円 90,000 0.69%
1,500万円 100,000 0.67%

 

このように、一番還元率が高いのは100万円を使用したときの2%です。

一見してゴールドカードよりも還元率が高いですが、問題なのは年会費が最低でも20,000円かかるというところです。

つまり、100万円使用してようやく年会費が無料になるということになります。

そこから先は使えば使っただけ還元率が低下します。

1,500万円を使う方はかなり少ないと思いますが、還元率は僅か0.67%です。

消費税10%には遠く及びません。

もちろん、お誕生月ポイント2倍などの特典は存在しますが、それらを加味したとしてもトータルで見ると還元率はゴールドカードに劣後します。

節約をメインに考えていて、なおかつ支出をなるべく抑えたい場合には、プラチナカードのインビテーションを受ける必要はないでしょう。

 

プラチナカードのいい点は、VISAプラチナ優待が年会費無料で受けられるところ

プラチナカードは還元率こそ使用金額に反比例して下がっていきますが、サービスそのものはゴールドカードよりも遥かに拡張されているところがあります。

いわゆるVISAプラチナ優待を年会費実質無料(インビテーションを受けて年間20,000円-100万円以上使用で20,000ポイント)で利用できます。

特に出張・旅行が多い方においては、空港ラウンジが無料で使用できたり、海外旅行傷害保険などの補償金額も本人1億円、家族2,000万円とかなり良いです。

海外サポートデスクも充実しており、このようなサービスをたくさん使う方にとってはプラチナカードの還元率をもってしても魅力的なものになります。

VISAプラチナ優待を十二分に使うことを考えている人にとっては素晴らしいカードと言えそうです。

このように、自分自身の利用目的に合ったカードを選択すべきで、むやみにランクが上がるからといってインビテーションを受けないのが重要です。

 

支出最適化という目的ではゴールドカードが最強

個人的な話で言えば、海外出張もありませんし、むしろ日々の出費に対して還元率が大きくなるゴールドカードの方が使い勝手が良いように感じます。

もちろん、100万円を超過して使い過ぎると10,000ポイントという分子は変わりませんから、還元率は低下していきます。

そういう点でも、節約を心がけることができます。

まとめると、

 

ゴールドカードはこんな方におすすめ

年間で100万円程度しかクレジットを使わない

なるべく支出を最適化したい

どこに行っても使えるような幅の広い特典があったほうが良い

 

月々の出費を頑張って抑えてみると(私は月10万前後になってしまいます……)、年間使用量は100万円こそ超えますがそこまで大きくはなりません。

Kyashリアルカードと併用しつつ、最大で2.5%の還元を受けることができるエポスゴールドカードはかなりおすすめです。

特に、一枚目のクレジットカードを選択する際には参考になるかと思います。

扱う店舗の幅も広いですし、各種割引も範囲が広いです。

マルイでの利用ではポイントも増えますし(以前はクレジットカード払いでなくてもポイントを得ることができましたが現在は終了しています)、VISAカードを作る際には選択肢の上位に上がってくるのではないでしょうか。

100万円ちょうど使ったとして、年間25,000円の節約はかなり大きいです。

配当金として25,000円を得るためには、4%の税引き後配当利回りで60万円近い元手が必要になりますからね。

無料で作ることができ、インビテーションを受けるだけで節約することができます。

さらにその先のプラチナカードのインビテーションが届いたときには、自分の目的に合ったものであるかをよく確認したうえで受けるのが上策と言えそうです。

ご参考になりましたら幸いです。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-投資・資産形成

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.