生活・ライフハック

【朝のシンプル健康習慣】 朝のお通じで健康をチェック

朝はすべての健康のバロメーター

朝は健康について様々なことが実践できると同時に、今自分が健康かどうかをチェックすることができる最もよい時間帯です。食事に関しては、先日ご紹介した記事も参考にしてみてください。

せっかく、朝の健康習慣を確立したのであれば、朝に自分がすっきり健康かどうかをチェックする習慣も身につけるとよいでしょう。そうすることにより、「今日は調子が悪いから仕事の段取りも早めに決めよう」とか「食生活や睡眠リズムが乱れ始めてきているのかな」と考えることが可能になり、結果として自身の健康へのフィードバックに繋がります。

もちろん、朝起きたときの眠たさで睡眠時間が足りているかどうかというのはある程度判断することはできます。そして、もう一つ重要なのが朝のお通じの習慣です。

馬鹿にできないお通じの深さ

皆さんは、朝起きると洗顔や食事もほどほどに、バタバタと準備をして家を出ることも多いのではないでしょうか。

朝は腸管も頭と同じように目覚めて活動を始めるもっとも重要な時間帯です。

腸管は、「第二の脳」と呼ばれるほど、免疫組織が発達し心の病とも関連するような重要な臓器です。そして、ダメージを受ければ脳と同じように疲れてしまう臓器でもあります。

その腸管が、きちんとリズムよく活動しているかを考える一つの指標が、朝のお通じがコンスタントに出ているかどうか、なのです。

女性の方は特に、頻回にトイレに行くのが嫌だという理由で水分摂取を制限しがちですし、男性も時間がなくて便意があったとしてもなかなかすぐにトイレには行かないのではないでしょうか。

実は、この水分制限や排便を我慢することそのものが健康にはあまりよくないのです。

毎日、朝に便意を催して排便するというのが、腸管にとってはリズムよく朝を始めることができる習慣なのです。

もしも朝、便意を催したのにもかかわらず我慢してしまったりすると、一時的に排便の機能が停止し、徐々に直腸に便が貯留していきます。そうすると、便意を催すタイミングがずれて、仕事中だったり、就寝前に催すなどということが生じます。タイミングがずれることがそもそも腸管のリズムが崩れてしまっているということなので、腸にとってはあまりよくありません。

便秘により便の塊が腸に溜まることで、便の中にある有害物質が増加し、大腸癌のリスクになりえます。あるいは、便秘しがちな高齢者の方の中には、実は大腸癌が潜んでいた、ということもありえます。

便がきちんと出ているかどうかは、自身の生活リズムを示すバロメーターである以前に、隠れた病気を発見するきっかけにもなりえるのです。

隠れた病気を見つけることもできる

排便習慣がきちんとあった人が、その他の食生活も変えていないのに突然便が出なくなってしまったら、少し「おや?」となりますよね。そうすると便の形や色を気にするようになり、血がついていたり、色が黒っぽかったりすると、病院受診のきっかけになったりします。今は高齢者でも元気な方が多いですから、排便習慣をしっかり持つことで自身の病気に気づきやすくなる利点もあります。

朝の排便習慣が確立されると、排便を軸に朝の生活を始めることができます。朝ごはんを食べて、排泄して、それからすっきりと仕事に取り掛かる。とても簡単な習慣ですが、おなかの中に溜まっている状態でスタートするよりも、すっきりしてからスタートする方が断然一日の質が変わってきます。

夜に飲みすぎたりしてしまうと、翌日はアルコールの分解産物やアルコールそのものの浸透圧などにより下痢を来すことが良くあります。それも、飲み過ぎの一つの指標になったりもします。生ものに当たったりすると、腸はそれを排泄しようとしますから、腹痛と共に下痢が生じます。こういう風に、腸は外からの刺激に敏感に反応するので、自分が現在どういう生活習慣で腸に影響を及ぼしているのかを知る手掛かりになります

自分の身体に耳を澄ませる

排便習慣をつける最も簡単な方法は「したいときにする」ということです。朝に便意が催されたときに排便することで、朝の排便は充分習慣づきます。なぜかというと先述した通り朝は腸管が動き出すスタートダッシュの時間だからですね。

朝の食生活を改善したならば、その成果を便で確認してみましょう。消化管は皮膚の一部分でもあり、外の世界とつながり我々に色々な情報をもたらしてくれる重要な臓器です。そのメッセージとしての便を見逃さないようにしましょう。

毎日のお通じがすっきりしていると感じられるのであれば、きっとあなたの毎日の生活も風通しがよく軽やかなものになると思いますよ。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-生活・ライフハック

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.