仕事・仕事術 思考・哲学

【転職を考えるときに】一つの職場に依存しない方法

一つの職場で長く働くことは安泰ではなくなってきた

入職してから現在まで、一つの職場で働かれているかたが多いのではないでしょうか。もちろん、転職を繰り返し、自分にとって最も良いと思われる職場を探される方もいらっしゃると思います。

日本人はもともと一つ所に決めたら「一所懸命」とも言いますから、その場所で頑張って働こうとします。戦後の高度経済成長期では、その道徳観念が強く、それに比例するように福利厚生も安定していました。つまり、昔は一つの職場にいて働き続けることで、最終的には老後の安心まで保証されていた、というわけです。

年功序列という言葉もありますから、せっかく何年も同じ会社にいたのに、その職位を投げ出して転職するというのはリスクが伴う、そんな考え方が根底にあったのかもしれませんね。

しかし、バブルが崩壊し、通信産業が猛烈に加速した現在においては、一つの職場にいることで安心していられる状態ではなくなってきた可能性があります。それに加えて、今ではどこでも転職に関する情報がたくさんあり、会社ごとの良し悪しというのが市場原理でかなり正確に判断されるようになってきました。

以下のリンクでもご紹介してありますが、転職に際して大きなイベントがいくつも催されるようになってきたのも、その時代の潮流を物語っているのかもしれませんね。

一つの職場に依存するとどうなるか

もしも皆さんが、なにがしかの理由で「しかたなく」給与を貰いに会社に行っているとするならば、どういう悪影響がでてくるでしょうか。

そもそも、そういう消極的な態度をとっている時点で、会社という組織のなかで歯車として回ってしまっている可能性があるということを考えた方がよいでしょう。

給与をもらう対価として労働を提供している限りは、いつまでたっても職場に依存している状態からは抜け出すことができません。加えて、毎月振り込まれる給与が生活に必要な額+αで提供されますから、思い切った選択をとることも難しい。

そうすると、職を変えるということに対してネガティブなイメージが勝り、現在の定期的な収入の得られる職場にいられるように気持ちが傾いていってしまう。実は人間は変化を嫌いますから、この悪循環から抜け出すのは至難の業です。

ですが、そんななかでも皆さんの心の中に少しでも「これは違うな」という考えがあるのであれば、まずはしっかりとその意見を明確にすることから始めましょう。なぜ、この職場に対して疑問を持っているのか。そして、自分はどういうことをしたいのか。

一つの職場にいることは、この環境の変化に対するストレスを受けなくて済みますから、気持ちとしてはとても「ラク」です。しかし、その「ラク」が積み重なっていくことにより、いつの間にか「こんなはずではなかった」と思うようになってしまいます。

では、そうならないためにどのようにしていったらよいのでしょうか。

テーマは、「逃げ道」です。

逃げ道をたくさん作る

逃げ道という言葉は、「逃げ」というイメージから非常に「負け」という感覚が付きまとうかと思います。今でも、転職や退職を「逃げ」として考えて、そちらのプライドが許さないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

逃げ道というのはそういうネガティブなイメージというよりかはむしろ、一つのはしごが外されてしまったときに、命綱になってくれるような、技術や知識・趣味のことを指します。

これから先は、今働いている職場で使っているスキルや知識はもちろんのこと、さらに手を広げて色々なことを見聞きし感じて選択肢を広げておくことが重要になってきます。

つまり、それだけ一つの会社に長くいることによる恩恵が受けられなくなってき始めている、ということを意味しているのですね。この日本の人口動態をよく観察してみると、時間が経つごとにどんどん窮屈になっていくのは目に見えています。

「もし、この仕事が続けられなくなったとしたら、何をしようか」と、今のうちからポジティブなイメージを持って次の一手を考えましょう。一番手近なのは、自分が好きでしている趣味や、もともと得意だった学問の領域です。

それらの趣味や学問を、ただの娯楽で終わらせるのではなく、「職業」として確立できるくらいに、本気で楽しみながらやってみるようにする。仕事で使っている時間以外は、自分のための時間です。ですから、その時間を本当に使いたかったことに使ってみましょう。「そんなの、まだわからないよ」という方は、今からでもまったく遅くはありません。ぜひ、探すところから始めましょう。

そのためには、"広く深く"を意識しておく必要があります。

多様な趣味を発見する方法を、以下の記事で読書をたとえとしてご紹介しております。

いつでも逃げられるようにしておく

次は、その準備を「なるべく早く始める」ということを意識しておくことです。

もし、明日その仕事がなくなってしまったらどうしましょう。それでも、「次があるから大丈夫」と考えて仕事を探すことができるくらい、準備を始めていらっしゃるでしょうか。

とにかく、準備は気づいて早く始めた方が勝ちです。自分の持っている特技や趣味をなにかに活かせそうだと一瞬でも感じたのならば、それは試してみる価値が十分にあります。「思い立ったが吉日」で、その一瞬の閃きを具体的な行動に移してしまいましょう。そうすることにより、今まで0だったものが1になり、いつの間にか複利の力で大きくなっていきます。

そして、いつでも逃げられるように準備しておくということは、もう一つの効果があります。それは、準備ができているから、結果として一つの職場に依存しなくても良くなってしまう気分が出来上がるということです。

つまり、その職場で何を言われようが、何をされようが、結果として「いつでも逃げることができる」という希望が生まれる。

今までは、この職場に残らなければならなかったがために、様々な不条理や押し付けを呑み込んできたかもしれません。ですが、逃げ道を用意しておくことで、そういう不条理を跳ね返して自分の好きなことをできるチャンスすらやってくる。そのことを考えると、今の仕事も「気楽に」できるようになり、結果として生産性が上がると考えてください。

たくさんの逃げ道があることの副次的効果

たくさんの逃げ道があるということは、逃げ道があるという安心感以上に、多くの効果を生み出します。

一番大きなものは、逃げ道としての趣味や学問を手広くカバーすることにより、1つ1つの趣味や学問が化学反応を起こして新しいアイデアが生まれやすくなるということです。

一つの職場では同じことを延々と繰り返し、その業界以外の知識は微塵も身に付きません。ですから、狭く深くなってしまっているわけです。これだと、その文字通り泥沼にはまっていってしまいますから、抜け出せなくなってしまいます。

一方で、いろいろな方面に趣味を持っておくことで、行動が人脈を作ったり、新しい発見を生んだりする。そうすると今の自分のいる職場を、より客観的に見るできます。ただ楽しいだけではなく、戦略的に自分の人生を彩ることができる。まさに、逃げ道を作っておくことは一石二鳥の作業ということができます。

さらに、趣味や特技があることにより、もともとの職場でも活かすことのできるスキルが生まれてくる可能性があります。職場で半ば強制的に取らされている資格試験やスキルは、やっている最中はまったく面白くありませんし、なんのためにやっているのかもわからなくなってしまう。ですが趣味として捉えて自発的に取り組んだものは、やらされているものの数倍以上も頭の中に残ります。

そんな趣味や特技を買われて「~~なら○○さん」と言われるようになったら、それは逃げ道があるおかげで本業での新たな居場所をも獲得できたという証拠になります。

まずは、自分の好きなことを徹底的に見つけ出す

趣味や特技は、「やろう」と思って探してもなかなか見つかりません。

それでも、必死になって自分が好きなことを探す、まずその時間がとても重要です。改めて、自分のことについて見直す。そして、「そういえば、昔はこれが好きだったな」などと思い至り、少し恥ずかしいながらも新しい行動を起こしてみる。

行動を起こすことにより、そこから先の道は開けてきます。やらずに机の上で思案している状態よりも、歩き始めたときはもうすでに次のやるべきことが分かっているはずです。

あなたが少しでも現状に違和感を覚えているのであれば、さっそく、見えない逃げ道がないかを探し始めましょう。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-仕事・仕事術, 思考・哲学

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.