投資・資産形成

【Kyash大全】Kyashカードユーザーが還元率1%でも使い続ける理由

Kyashカードは、増税前にも記事にしましたが、手軽にポイント還元が受けられて、クレジットカードとも紐づけることのできる優秀なカードです。

"2%+α" の節約が狙える "Kyash"カード術

私は日々の支払いにKyashカードを利用して月々数千円の還元を受けています。

もともとは2%の還元が受けられましたが、時間が経つにつれ1%になり、近い将来には0.5%になるかもしれないという情報がありました。

Kyashカードは便利なのですが、「リアルカード」だったり「Virtual」だったりと内容によって還元率が変わったり手数料がかかったりして、

「結局何を選んだらベストなのか?」

というところが微妙なところです。

その点も含めて、今回はKyashカードの利点・欠点をまとめつつ

Kyashカードを選択した理由

Kyashカードを実際に1年くらい使ってみた感想

新しいKyashカードの良いところ

具体的にKyashカードでどれだけ資産形成に寄与するのか

をご紹介していきたいと思います。

Kyashカードを選択した理由

まず、Kyashカードの利点と欠点を考えてみましょう。もちろん還元率が高い(現在では最大1.0%)というのは言うまでもありません。

私がKyashカードを好んで使っている理由は、結論から言うと

割り勘や送金機能を使用することができる

メインクレジットカードに紐づけてチャージすることができる

VISAカードなので広く使うことができる

この3点です。

割り勘や送金機能を使用することができる

割り勘や送金機能に関しては、使えるシステムの一つには入りますが、Kyashを使用するグループでないと通用しないところもあり、まだメジャーになることはないかもしれません。

私は妻と資産形成を頑張っていますが、妻にも早々にKyashカードを導入してもらって、割り勘・送金機能を使うのもアリかなと思っています。

現在、夫婦でお財布を別にしていて、二人での生活に必要なお金は共通口座、というようにしているので、ちょっとしたときにどちらかのお金を使ったときに送金機能を使ったりもできますね。

妻は「お金の切れ目は縁の切れ目だよ」と、きちんとお金を払おうとしてくれるので、そこは妻の言うことに従うようにしています。

メインクレジットカードに紐づけてチャージすることができる

これは、便利機能というよりかは「ポイントの二重取り」で資産形成に大きく寄与してくれるという側面が大きいです。

もともと、Kyashはチャージ機能を持ったプリペイド式VISAカードです。

つまり、一定額をチャージしたうえで、VISA加盟店で使用することができるカードということです。

ただチャージとはいっても、現金だけではなく、クレジットカードやデビットカードからもチャージすることができます。

ここがポイントで、クレジットカードからチャージをするということは、そのクレジットカードから一定額を使用するということで、ポイントの二重取りをすることができるということです。

例えば、私は汎用性の高さからエポスゴールドカードを使用していますが、エポスゴールドカードは通常の還元率0.5%のほかに年間使用額が100万円を超えると10,000ポイント(1%)が還元されます。

プラチナカードもあるのですが、私は以下の理由からプラチナカードは使用しないようにしています。

エポスカード プラチナカードのインビテーションは受けるべきか?

現行のKyashカードのポイント還元率は最大で1%なので、最大で2.5%までのポイント還元を受けることができます.

日々の支払いをKyashカードにすることにより、少なくとも100万円はかかるだろう支出に対して、なんと25,000円の還元を受けることができます。

これが年会費無料で審査なくスピーディに作ることができるので、自動化の一環としてすぐに組み入れるようにしました。

VISAカードなので広く使うことができる

そして、もう一つが「扱える幅の広さ」ですね。

VISA加盟店はほとんどどこにでもあります。

もちろん、PayPayなどをはじめとしたスマホ決済も便利でスピーディなのですが、扱っている店舗の幅から行くとVISAに軍配が上がるのではないでしょうか。

キャッシュレス決済は、基本的にスピーディであることに変わりはないので、「どこでも使える」という点がKyashカードの魅力でしょう。

Kyashカードを実際に1年くらい使ってみた感想

私は2019年になって資産形成の重要性に目覚め、以降は収入を最大化し、支出をコントロールしつつ運用するよう心がけています。

収入の最大化に関しては、元手が少ない間は「とにかく働く」しかないです。

支出のコントロールはたくさんの情報が溢れており、取捨選択が難しいところですが、忙しい人にとっては無理なく「自動化」できるところをお勧めしています。

Kyashカードを利用することは、上述の通りシンプルでスピーディに申込することができるので、自動化しやすいです。

そんなKyashカードですが、使い心地はかなり良いですね。通常のクレジットカードと遜色なく使えています。

後述する新しいKyashカードはデザインも素晴らしいですが、現行Kyashカードはデザインがとてもシンプルです(笑)

色々なところで「これはクレジットカードなのかな……?」という顔をされることがあるのですが、問題なく使うことができます。

むしろ、そのリアクションを見ていると、まだまだKyashカードが浸透していないんだなと感じてしまいます(私の周りでは使っている人は一人もいませんでした)。

新しいKyashカードの良いところ

まず、現行のシステムから以下の表のように変更が加わります。

現在私が使用しているKyashリアルカードは、名前を変えてKyash Card Liteになります。

そして新しく出たKyash Cardが様々な機能を持つようになります。

大きく違うところは、

ICチップの追加

Visaタッチ決済ができるようになった

1回あたりの決済上限額が30万円まで広がった

月当たりの上限金額が100万円になった

と、用途の幅が広がり、金額が増えたことが挙げられます。

ICチップの追加

現行のKyash CardはICチップがついていないので、磁気ストライプからの読み取りしかできません。

クレジットカード払いするときには色々な方式がありますが、磁気ストライプを溝に滑らせて読み取るのがメインになります。

デバイスに差し込んで支払うことはできません。

そのうえ、磁気ストライプはスキミングや磁気を帯びているデバイスの近くで使用すると使用不能になってしまうこともあります。

セキュリティ面と耐久力の面では劣る面があります。

その一方で、ICチップが追加されることでそれらの問題は基本的に解消されます。

上記の表に「4桁暗証番号」と記載されているのは、ICチップがついているクレジットカードではサインではなく暗証番号を使用するので、仮にカード情報が読み取られたとしても暗証番号が分からなければ使用できないという高いセキュリティ性を持っています。

誰にでも発行できるがゆえに、セキュリティ的に甘くなってしまった現行Kyash Cardの弱点を補う形になるでしょう。

Visaタッチ決済ができるようになった

タッチ決済(非接触決済)は、文字通りタッチするだけで支払いが完了するシステムで、サインも暗証番号も不要の便利さを持っています。

そしてセキュリティもさらに向上していますから、これからますます普及が進んでくるシステムになると思われます。

規格こそ異なりますが、電子マネーと同じ扱いでクレジットカード払いができます。

1回あたりの決済上限額が30万円まで広がった

現行Kyash Cardは5万円が決済上限額でした。それが6倍の30万円まで拡大され、1回あたりの決済上限額としては通常のクレジットカード利用と遜色ないところまで広がったと思います。

こうなると、日々の支払いのほかにも使用用途はかなり広がってきますね。

月当たりの上限金額が100万円になった

こちらも、現行Kyash Cardだと12万円までだったのが100万円まで拡大されました。

12万円だと生活費の支払いのほかにも若干足が出る瞬間はある可能性があり、心もとなかったので、100万円に拡大されるのであれば十分メリットになると考えられます。

使い過ぎには注意したいところですが、ポイント二重取りを目論む時点であまり使い過ぎることはないですよね。

むしろ、12万円から少し足が出てしまう方にとっては朗報だと思います。

新しいKyash Cardはデザインも綺麗

個人的には現行Kyash Cardはシンプルで良いとは思うのですが、カードというより「厚紙」に近い感触で、決済するときに若干の抵抗感がありました(笑)

ですが新しいKyash Cardはシンプルさは保ちつつも高級感のあるラインナップとなっています。

ICチップも加わって、よりの普通クレジットカード感が出ました。

スッと出せてスピーディに決済できて、シンプルで高級感のあるカードなら長く持っていたいところです。

具体的にKyashカードでどれだけ資産形成に寄与するのか

審査もなくクレジットカードに紐づけるだけでポイント二重取りができるKyash Cardですが、実際にどれくらい資産形成に寄与してくれるのでしょうか。

Kyash Cardは専用のアプリがあり、非常にシンプルに「いつ、どこで、どれくらい使ったか」が分かります。

月間支出額が一目でわかるので、こまめにチェックする習慣をつけると支出最適化にも役立ちそうです。

病院内のコンビニや妻と一緒にご飯いったときなどに使うことがほとんどなのですが、多いときで10万円、少ない(忙しすぎてまったく余裕がない)ときには4万円くらいになります。

トータルで見るとKyash Cardだけで約100万円ですね(最近は現金での支出はほとんどしていません)。

そうすると1%の還元率であれば1万円のキャッシュバックが加わります。

先述の通り、エポスゴールドカードからチャージするときに0.5%ポイント還元+100万円以上の使用で10,000ポイント(1%)の還元が加わりますから、100万円程度の使用であればほぼ25,000円の還元になります。

他にも、ポイントサイトからの還元などもあり、おおむね年間30,000円の節約になります。

20年続ければ60万円ですね。何もせずともボーナスに近い額が入金されるのと変わりありません。

さらに、絶対的な還元率だけではなく、アプリの通知を有効にすれば使用額が一発で通知されるので、スマホで毎回支出額を確認することもできます。

毎月の支出額が多くなったときには気を引き締められますし、確り無駄を省いた支出をしたときには頑張った感がでます。

知らず知らずのうちに節約と支出の最適化が図られるので、その副次的な効果も十分期待できます。

手続きは若干面倒になったが、ありあまるベネフィットがある

上限額が少なかったのは、もともと本人確認が不要という利点がゆえでした。

しかし、確かに月12万円の制限があると、ポイント還元の恩恵も十分に受けられない方も多かったのではないかと思います。

そこで、上記の表のとおり、本人確認書類は必要になりましたが、一度作ってしまえば上限額の拡大、タッチ決済などのスピード化などの利点を一気に手に入れることができるので、少し面倒にはなりましたがありあまるメリットがあるのではないかと思います。

塵も積もれば山となる。資産形成の基本的な部分を忘れないようにして、これからもKyash Cardによる節約をきちんとやっていこうと思います。

もちろん、他の節約・節税方法を組み合わせることによってさらに支出は最適化されます。

ふるさと納税は税額控除システムの最も優秀なかたちで、夫婦そろって限度額いっぱいまで利用しています。

【夫婦の厳正なる会議】ふるさと納税で何を買うべきなのか

賛否両論はありますが、資産形成をより加速するための手立てとしてiDeCo(個人型確定拠出年金)の利用もおすすめです。私は限度額いっぱいまでやっています。

【天引き貯金とモチベーション向上】私の考えるiDeCo活用法

これからも小さいところからコツコツと積み上げていきたいと思います。

小さい努力が実を結ぶことは、宝くじで高額当選するよりもじんわりとした喜びが生まれます。

何かのご参考になりましたら幸いです。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-投資・資産形成

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.