思考・哲学

小さな達成感の積み重ねが結果を生む【目標設定の方法】

勉強でも投資でも、やりはじめたら「継続する」ということが大事です。

その一方で、継続は非常に難しいものがあります。

三日坊主という言葉が一番的確ですが、人は3日も同じことをしていれば飽きます。

事実、私も様々なことで三日坊主となって止めてしまったことがありました。

では、継続するのはそれほど困難なものなのでしょうか。あるいは、才能が必要なものなのでしょうか。

私は継続の才能はありませんでしたが、継続させるためにはどういう方法を採ったらいいのかということに関しては人一倍勉強してきたので、同時進行で色々なことをやっても今では継続できるようになりました。

ここでは、継続のために必要な目標設定の方法について、

 

小さな達成感の積み重ね

 

という観点から3つご紹介しようと思います。

 

小さな達成感の積み重ね(1) 資産運用は数字で目標設定

まずは資産運用のお話です。

市場から脱落しないこと。そして、節約・支出最適化のルールを守り切ること。

これらは継続力がないと途中で挫折してしまいます。

収入を増やし、支出を減らす。

これを継続するためにはどういう風にすればいいのか。

答えはシンプルに「数字で目標設定する」ということにあります。

具体的には、

・収入を増やす→月~~万円を貯蓄・資産運用に回せた!

・支出を減らす→固定費を削減して~~円削減した!

こんな感じで過去のデータと比較してみるのです。

私は収入を増やすために非常勤バイトも入れていますが、これにより平時の収入の約1.5倍(労働時間は常勤:非常勤=10:1くらいです……(笑))を達成できました。

そして配当金投資も数字を見ながら、

・年間~万円で家賃1か月分!

・年間~~万円で給料1か月分!

などと徐々に賄える額が大きくなってくることをモチベーションに続けることができています。

さらに支出を最適化するために

・格安SIMの導入→約5,000円↓

・クレジットカードの導入→年間約30,000円↓

・不要不急の飲み会お断り→(奢る側ですので)年間数十万↓

などの考え方を取り入れ、一般的なサラリーマンの初任給一か月分くらいはシンプルな節約術で手に入れることができた! と考えています。

数値化して一個一個を小さく達成していくことで、行動の意味がより鮮明になります。

これにはメリットしかありません。

 

メリット
・数値化することにより具体的なイメージが掴みやすい
・新たな行動により数字が変動するので「やる」か「やらない」かの判断がラク
この数字分、努力しなかった場合は損失していたと考えることにより身が引き締まる

 

ざっと挙げるだけでもこれだけあります。

特に、数値化することにより「もしも何もしていなかったらこれだけの数字を失っていた」と考えることができ、継続の背中を押し続けてくれるというのは良いことだと気づきました。

 

小さな達成感の積み重ね(2) 勉強目標も細かく分ける

新しいことを勉強するときには、

・この参考書1冊を全部やりきる

という風に考えるのではなく、

・とりあえずこの章を納得いくまでやる

という風に考えた方がいいです。

達成感はたくさん味わえた方が次のモチベーションに繋がります。

学校や塾での出来事を想像してみてください。

いきなり全部の教科書を丸読みするということはないですよね?

一コマ一コマで、達成する目標が決まっていて、先生がそれに合わせて解説してくれる。

そうするから一定水準まで皆さんも勉強することができたのです。

社会人になると、そういう目標設定が曖昧になってくるので、一夜漬けで何とかしようとかそういう発想になってしまうのです。

一日何分~何時間の範囲で構いませんから、

「今日はここまでやった!」

という達成感を味わいながら進めることをお勧めします。

私も資産運用に関する勉強は初めてのことばかりですが、継続するためには、

 

ちょっと勉強→ちょっと実践→できるようになる→達成感UP

さらに勉強してみたくなる→さらに実践→さらにできる→達成感UP

 

この好循環を回すようにしています。

勉強したら実践するようにしてみることです。

本を読んだら細かくアウトプットしていく。アウトプットの重要性は「達成感」を感じるところにもあります。

 

小さな達成感の積み重ね(3) 筋トレは重量と回数でステップアップ

毎日、部位を変えて筋トレすることによりまんべんなく鍛えることができます。

なかなか成果がでないとあきらめてしまう方も少なくありません。

ですが、そういうときは「重量と回数」に着目するとよいです。

私は始めた当初はひどいものでした(笑)

しかし、例えば5㎏のダンベルでダンベルカールを8回×3セットできたら、

8回を10回、12回にしてみる

5㎏を7.5㎏にしてみる

など、数を変えてみるのです。

もともと5㎏のダンベルで8回×3セットが限界だったのが、10回×3セットまでできるようになったら、それは明らかに成長しています。

むしろ、8回×3セットできたらどんどん次の回数・重さにチャレンジしていっていいくらいです。

毎日やっていると、今自分が「どの部位が」「どれくらいの重さで」「何回できるのか」が分かってきます。

そうすると、次に同じ場所を鍛えるときに回数・重さを増やすことができます。

個人的な指標だと一定の重量で15回程度できるようになったら重さを増やすようにしています。

筋トレも、一朝一夕ですぐできるようになるわけではありません。

ですが毎日ちょっとずつ回数と重量を増やしていくことで確実に大きくなります。

知り合いの方で筋トレをはじめてはじめはベンチプレス45㎏も難しかったのが、毎日(凄いときだと1日2回)ジムに通ってルーチン化したことにより、僅か半年足らずで80㎏を挙げられるようになったという話があります。

コツコツと目の前の数字にこだわって少しずつ達成していったことが実った典型例ですね。

 

昨日よりも今日、今日よりも明日

いきなり大成功を収めることは無理です。

成功している人は昨日よりも今日、今日よりも明日と、達成感を大事にしながら積み重ねていっています。

ブログをはじめてからまだ間もないですが、着実に数字や記事数、質などにこだわりながら楽しく進めていくようにしています。

小さな達成感の積み重ねを大事に、一日ちょっとでも前進できるように頑張りましょう。

 

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-思考・哲学

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.