趣味・副業

一生モノの筆記具 MONT BLANC "Meisterstuck"

筆記具にこだわる

皆さんは、筆記具に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「書ければなんでもいい」という方から「書き味が大事」「インクのノリが大事」など、自分のこだわりがある方まで様々だと思います。

また、シャープペンやボールペン、万年筆など、その種類も様々であり、用途で使い分けることも多いですね。学生の方であればシャープペンは必須でしょうし、社会人になってくるとサインにボールペンが必要になったり、ちょっとした日記を書くときに万年筆を執る時間が最高だ、という方もいらっしゃるでしょう。

モノを書くという行為は、昔からまったく変わることがありません。

書くという行為は、自分の考えや想いを記す最も基本的な行為です。

最近ではパソコンやスマホの普及で文字を入力するということも増えてきましたが、重要なものを書くときなどにはどのような形であれ肉筆が必要になってきます。そのときに手元に見える筆記具は意外と人の目を集めるものです。

そこで、今回は私が出会った中で一番お勧めしたい、MONT BLANC(モンブラン)の筆記具をご紹介したいと思います。

MONT BLANC "最高峰"の称号

モンブランはフランスとイタリアの国境に位置する4,800mを超える「アルプスの最高峰」と呼ばれる山です。ご存知の方も多いのではないでしょうか。そんな、秀雅な山の頂に載る雪をイメージした「ホワイトスター」があしらわれたドイツ製の筆記具が「MONT BLANC」です。

MONT BLANCは筆記具メーカーとしてはかなり重鎮かつ老舗の位置にあり、万年筆はもちろんのこと, ボールペンやシャープペン、香水まで展開しています。

私がお勧めしたいMONT BLANCの「Meisterstuck」は、そのなかでもオーソドックスなタイプのペンです。

数多くのボールペンや万年筆を見て、実際に書いてみたりするのが好きでしたが、そのなかでもこのペンは持った瞬間の重量感や手触り、見た目の艶、そして紙との相性・書き心地がとても優れていると感じます。

決して眩しくない銀色をアクセントに、しかし存在感を十分に発揮する漆黒のボディは、他の筆記具とは一線を画す佇まいです。

ペンのインクも多種多様な色がありますが、どのインクでも紙に滑らせた瞬間に意思を持った濃さで表現されるところに惹かれます。少し太い線の表現が得意ですから、どちらかというとサインや宛名書きに向いているのかもしれませんが、普段使いをするにしてももってこいな持久力のあるペンです。

ペンの長さも140mmや150mmなど細部にわたって調整されており、実際に持ってみて重心がどこにあるのか、自分の手の大きさと比較してどれくらい綺麗に見えるか、など、そういった主観と客観の満足度を双方満たしてくれるラインナップです。

写真で見るものと、実際に触れて、書いてみて感じるイメージとはまったく異なりますので、一度ご覧になって、実際に試筆されてみてはいかがでしょうか。

ペンケースも展開しているようなので、中身も統一することによりさらに格調高い雰囲気となります。

満足感×時間>資産価値

当然ではありますが、値段はかなりのものです。

ですが、これも当たり前のことで良質なものにはそれ相応の値段が付くものです。

もともと筆記具に興味がない方は「そんな一本のペンに数万円も出せないよ」と感じられるかもしれません。

よく、消費財へ資産を投じることは戒められていますね。

車や時計など、高額なものでも時間が経つにつれてその価値が減じられてしまう。

そういうものにばかりお金を使っていると、資産は減る一方である、と。

私もその意見に賛成する気持ちでいます。

ですが、毎日自分の思いを表現するペンに関しては、少し高級なものを狙って持つことにより、100円均一で購入したボールペンをペンケースから出すのとは異なる高揚感を得ることもできるでしょう。

また、乱雑に書いてしまう気持ちすら正されるかもしれません。

良いものを持つことにより、その力に引っ張られる形で「自らも良質であろう」とする気持ちを呼び起こしてくれる、そんな作用がペンにはあるのではないでしょうか。

長く使えば使うほど愛着が湧き、価値が高いものだからこそ万古不易の使用感がある。

ペンに関してはリフィルを変えるだけで半永久的に使用することができますから、手に馴染んだペンでいつも新しい感覚を受けることができますよ。

まとめ

このように、高い満足感を維持しながら、長い時間使い続けることで、もともとの価値以上に自らの創造性を呼び覚まして新たな資産を作り上げていくことすらできるのではないでしょうか。

日々の倹約を徹底しながら、"一生モノ"と決めたものは自信をもって大切に扱う。そのメリハリのある姿勢が、ただの「ケチ」で終わらせない素敵な生活への一歩になるではないかと思います。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-趣味・副業

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.