生活・ライフハック

人生のポートフォリオを作ってみた【負債→セミリタイア】

私は、資産形成や生活においてとても心強いパートナーがいますが、それと同時に巨大な負債を背負っている身でもあります。

 

純金融資産:約1,000万円

負債:約4,000万円

 

こんな感じで、現状ではどれだけ働こうが総資産額はマイナスな状態です。

多くの医師の持つバックグラウンド(奨学金などを利用されている方もいらっしゃいますが、私の場合は卒業後に負債が発覚したパターンです)とは異なり、経済的には「医師にはなれたが無心に医学に集中できない」環境となりました。

この負債は純粋な相続により発生したものですが、スタートラインがそもそも思いっきり後ろにある状態での資産形成においては、投資におけるポートフォリオだけでなく、人生のポートフォリオもしっかり作っておかないとと感じます。

皆さんはどのようなポートフォリオを作っていますか。

 

人生を効率よく生きるために、ポートフォリオを設定する

毎日はあっという間に去っていきます。

自分の達成したい夢があるなら、まずそれに向かって計画を立てますよね。

そこで自分の力をどれだけ配分するか決めた割合が、その時点の自分の人生のポートフォリオです。

実際に、当ブログでも3つの柱として

 

勉強

投資

健康

 

を挙げていますが、これが今の私の人生ポートフォリオを形作る柱になります。

 

勉強のポートフォリオ

ただ漫然と資格を取ったり、読書したりするだけではダメですね。

そのときどきに応じて、力を配分する割合を変えていく必要があります。

例えば、今であれば臨床:資産形成関連:趣味=6:3:1など。

臨床医としてはまだまだ若手に分類される状態で、負債を返済しつつ妻や家族を幸せにするためのポートフォリオを考えると、現在は自分の趣味である自由な読書は戦略的に少なく設定しておく必要があります。

数字で、力の配分の割合を決めておくと、怠けることも少なくなります。

ポートフォリオから外れたものに関しては「やらない」と決めることも大事です。

そうして、少しずつ力をつけていったら、今度はポートフォリオの割合を変えたり、新しい項目を追加してリバランスしていけばいいのです。

 

投資のポートフォリオ

これはもちろん、本当の意味での資産配分(アセット・アロケーション)の話にもなるのですが、現金や株式の比率、投資する銘柄のポートフォリオはもちろんのこと、「作り上げた金融資産をどう使うか」ということも考えたいですね。

これは、"時間経過"のポートフォリオとして考えて組んでいきたいところです。

例えば、

 

20代→30代:資産形成に注力し、我欲を抑える時期

30代→40代:負債を完済し、大きくなってきた資産を減らさない構造づくり

40代→50代:新しいことへの挑戦、これから歩み始める人たちへの還元

 

などですね。自己投資も含めて、自分がお金をどういう風に使っていきたいかということを、時間経過のポートフォリオにまとめるとスッキリしそうです。

 

【忙しい人向け】パワーカップルのシンプル資産形成術

 

 

 

健康のポートフォリオ

これは主に筋トレや睡眠の話になってきてしまうのですが、年齢を重ねるにつれて精神的・身体的に安定した身体づくりをしてQOLを上げていくということを目標に、ポートフォリオを組みます。

恐らく、経済的自由を達成するまでの多忙な時期には、筋トレの比率は低く、睡眠不足や不摂生が続くポートフォリオになるでしょう。

これも、ポートフォリオにして捉えると健康もリスク分散の考え方を適用できそうです。

例えば、筋トレは「筋肥大」をただ目標にするだけではなく、「現状の体型維持」を目標に設定すると、忙しくても継続できますね。私は20歳時のBMI 22ですが、現在も体重変化は±ほぼ0で維持しています(筋トレを本格的にやり始めたので体脂肪率は低下し筋肉量は増えているはずです)。

逆に、身体が多少無理をしても持ってくれる若い時期に、できる限り他のポートフォリオに力を向け、パフォーマンスを高めておくという考え方もできます。

当直も、まだ一晩寝れば圧倒的に回復しますので、そういうときに労働力を労働市場に投資して賃金と交換するというのも立派な資産配分だと思うのです。

年齢を重ねると体力が衰えてくるわけですが、それを「筋トレを増やす」というリバランスと「経済的自由を達成して労働時間を減らす」というリバランスを重ねてカバーするという感じでしょうか。

 

人生を戦略的に考えると結構楽しい

人生をポートフォリオで捉えるというのは意識しないとやらないことかもしれません。

「やりたいことリスト」などはある人も多いかもしれませんが、トータルで人生を豊かに過ごすためにポートフォリオの考え方を取り入れるとさらに「やりたいこと」に近づけるかもしれません。

また、ポートフォリオをしっかり作っておくことで、今の自分の行動の内容に納得しながら毎日を送ることができるので、「自分が今何をやっているのかわからない」という状況に陥らなくて済みます。

新しくやりたいことができたのであれば、それを自分の人生のポートフォリオの中に組み入れて、リスク許容度と相談しながら他の項目への力配分を変更していけば、できることもどんどん広がっていきますね。

 

負債を大量に抱える私のとる行動は、

 

医師としてのスキルを着実に成長させながら労働市場へフルインベストメント

投資の勉強比率を上げて資産運用の歯車を全力で回す(妻とともに)

不摂生は許容として健康を維持できる最低限度のなかで生活

 

こんな方針で、まず経済的自由を目指す努力をしていこうと思います。

ハマってしまうと結構楽しくて一日が無駄になりますが、負債を抱えている私でも戦略を立てて抜け出すことができるということを証明していきます。

 

何かのご参考になりましたら幸いです。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-生活・ライフハック

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.