思考・哲学

「これでいいのかな」と迷う方々へ

転職を考える人たちが多い

ふと、とあるところを歩いていると、「口コミ図書館」という、実際に働いている社員の生の声を書籍化して自分の転職などの参考にするイベントのようなものが開かれておりました。

朝早い時間に通り過ぎたのですが、そこには老若男女合わせて十名近いような賑わいをみせておりました。

実際に働いている社員の意見を聞くことができるというのはまたとない機会でしょうし、職務規程に記されていない裏の事情や組織の実情も、入社前から知ることができて、情報収集にはもってこいのイベントなのでしょうね。

どの仕事に就くにしても、最終的にはその会社に入って自分が「どう感じたか」がすべてなので、他の社員の方々の意見を見て、まったく同じ状況になるとは限りません。

情報を集めることが、他人の意見に同調することのないように、一歩引いた視点で見てみるのが良いのではないでしょうか。

転職に目的があるか

なによりも、自分がどういう目的で会社に入るのかというところをきっちり鮮明にしてから転職にせよ就活にせよ活動を始めることをお勧めします。

それは、家族のためにお金を稼いで少しでもゆとりのある暮らしをしたいからという理由でも、自分にとって未経験のことだからとチャレンジする精神でも構いません。

必ずそこに「自分の軸」を差し込むようにしてください。

仕事は、させられるものではなく「する」ものです。

「こんな仕事でいいのかな」と迷うのであれば、その職場が自分にとって合っていないのか、自分の今の心境に対する自分自身の考え方が確固たるものでないか、そのどちらかです。

もちろん、なにかを成し遂げるための通過点としての仕事として捉えているのであれば、その効果を最大にするように毎日を送る戦略を立てる。

近年は仕事に対する捉え方が驚くほど多様化してきており、型に嵌めた考えが通用しなくなってきています。

だからこそ、その濁流のなかで自分がしっかり地に足をつけて考えられるような思考の武器を備えて、それから多岐にわたる情報を確実に集めていくのが良いのではないでしょうか。

Twitterでは日々の気づきをつぶやいています。

忙しいときはこれで書籍を買っています。

参加しています。応援していただけると嬉しいです。

Follow -i- Life on WordPress.com
  • この記事を書いた人

Zen

4,000万円の負債を背負い、日々労働に明け暮れる薄給内科医です。 私を迷うことなく選んでくれた妻と一緒に、経済的自由を目指します。 とりあえず身体を壊さないように30代で5,000万円の金融資産を作ります! 経済的自由を得るまでの道のりを記録していきます。 最後に全員を幸せにして笑って生活するのが夢です。 応援よろしくお願いします(´ー`)

-思考・哲学

Copyright© -i- Life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.